<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

パンチドランカー

気まぐれ更新です。
前回の記事から、約1ヶ月ぶりでしょうか。

仕事は日を重ねる毎に複雑難解になっています。。

私は主に担当している業務の他に幾つか掛け持ちしています。
その一つに「海外との取引」があります。
前回の記事に書いた、上司から引き継いだ業務です。

国名を言ってしまうと、反感を買うかもしれないので
どこの国を指しているかは想像にお任せします。

とにかく無駄にプライドが高く、平気で嘘をつく人が多い様です。
自分に関係する事は他人を巻き込んで喚き散らす癖に、
他人が困っている時には見て見ぬフリをしている雰囲気があります。

言われた事は都合の良い解釈しかせず、分からなくても知ったかぶりで返事をする。
言われた事の都合の悪い部分は、「分かった」と言いながらも全く理解してない。

例えば、要請された物品が一年かかる様な長納期品であろうと
当然の様にASAP(緊急)要請してくる。
やっとの思いで某国へ出荷すると、今度は物品の取り扱い方が非常に雑で
当たり前の様にぶっ壊しては泣きついてくる。
「開けたら壊れてました」とか平気で言ってくる辺り、人間性を疑う。

ひょっとしたら本当に「箱を開けたら壊れていた」かもしれないが、
これまでの言動の全てが私を疑心暗鬼にさせる。

例えば、とにかく物を失くす。驚く程の頻度で物を紛失する。
物品に付属している部品を紛失しました、と何度も何度もメールで連絡してくる。
あれが無い、これが無い、それも無い。

「最初から無かった」、「勝手に壊れた」と主張してくる。
つまり、タダで寄越せと言う。

稀にトラブルの連絡してくるならまだしも
かなり頻繁に頭が痛くなる様な連絡をしてくるので、
はっきり言って私は一切信用していない。

困っているからASAP(緊急)納品して!
でも、付属品の型番は分からないから貴方が調べてね!
数日以内には某国に納品して!
そんな無茶な事を平気で言ってくる。

自分で何とかしようとする気は最初から無いのか、
必要な部品の型番すら調べておらず、更には具体的な内容も理解していない。
何故無くなったのか、もしくは何故壊れたのかも理解していない。
どうしたら良いかわからない事は、すぐに丸投げしてくる。

私が必死になって昼休みの時間を削って、他社のカタログを広げて型番を調べ上げ、
単価や必要納期を取引先へ確認して、手配するための段取りを進めて・・・。
「付属品の型番は○×△です、至急手配するのでオーダーする為の書類ください」と
伝える為に国際電話をかけると、喚き散らした本人は優雅に昼飯食ってて
手配が進められなくなる事もあった。

これ以上書いても虚しくなるだけだが。

とにかく、この業務を任された時から嫌な予感しかしなかった。
同じ課に所属する先輩社員にも同情される始末。

先輩社員の方々は、この業務を担当した事がありません。
上司以外、誰にも質問できない状態で仕事をしています。

言い訳したく無いですが、私は入社二年目。
元々畑違いの業界から転職してきたので、ゼロからスタートしてます。

取り扱う商品を理解する為に必死になって勉強を続けています。
しかし、この海外取引だけは、かなり特殊なのです。

「グー・チョキ・パー」と聞けば、「ジャンケンだな」と推理しますが、
「ウルトラ・ダイナミックペーパー!」と突然叫ばれた時、
「ああ、それ知ってるわ。ジャンケンの特殊な技だろ?」となるでしょうか。

今私が作った造語ですから、読者様が知るわけがありません。
「お前は何言ってるんだ?」って感じになりますよね。

そんなレベルを常に押し付けられてる状態です。
当然 先輩社員も知らない事なので、気軽に聞く事もできません。
正直気が狂いそうになり、吐き気を催す事が多々あります。

上司は「分からなかったら俺に聞いてくれ」と言ってくれるものの、
案件が特殊すぎて、上司ですら困惑しているシーンを多々見ています。

でも、「これが出来る様になれば先輩社員をぶち抜ける」とも言われました。
今必死こいてます。

この会社が私を選んでくれた様に、
この業務を与えた上司にも何か意図があるのでしょう。

詳しくはいえませんが、かなり重要な案件が多く
どうでもいい奴に任せる案件ではないと確信はあります。

ストレスで倒れるか、打ち勝つか、わかりませんが。。
私は既に必死ですし、これからも必死です。
以上、私のチラシ裏での愚痴でした。
[PR]

  by zinraisan | 2018-04-08 00:58 | 日常(リアル) | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE