カテゴリ:未分類( 8 )

 

宣伝

※最新の記事は下側に配置しています※

ギルドメンバー募集

●ギルド[桜斎]募集要項●
2016/05/13
現在募集中。


ギルドマスター:迅雷號
構成員数:59名(サブキャラクター含む)
主体連合ギルド:*ピエロ*
組織目標:なし
入隊許可:当ギルド 主要メンバーの合意による

やる気の無い人、大歓迎
→当ギルドは、攻城戦に参加しません。
豪華な装備や、底の見えない財力をお持ちの方。
そんな方々が 意欲的にクエストに参加したい場合、
当ギルド[桜斎]では楽しめない可能性があります。

・ゲームに関係ない会話が多い
→ギルドチャット内では、趣味の話であったり、
御仕事に関する愚痴など様々な会話があります。
現実世界の情報を遮断したい方には、
当ギルド[桜斎]を お奨め致しません。

サブキャラクターも歓迎
→基本的にはメインキャラクターで入隊をお願いしています。
しかし、育成をするのでサブキャラクターのIN率が程々。
もしくは、会話に参加したいのでサブキャラクターを入隊させたい。
上記等の理由でも当ギルドは歓迎致します。

※希望者は 連絡をお願い致します。
詳しくはゲーム内にて 気軽にお尋ね下さい。


Ninja250
b0184437_02295580.jpg










[PR]

  by zinraisan | 2018-11-11 19:35 | Comments(2)

明日から辛い日常へ戻るのだった

b0184437_2292045.jpg

※私が撮影しました。

読者の皆様、お久しぶりです。
前回の記事にある一件で、MUは気持ちが更に冷めました。
運営のやる気も全く感じられず、酷いイベントばかりですね。
最近は知り合いに呼ばれない限りログインしようとも思いません。

なので、相変わらず現実の日記帳状態です。

今年のお盆休みは、スタートから心境が良くありませんでした。
というのも、連休前の出勤日に他部署の人に無茶振りされたから。

翌日に旅行の予定があり、前日に現地に乗り込むつもりだったので
有給を丸一日使用したかったのですが、先輩達が有給を率先して使いました。
流石に部署内の担当0人はトラブルが起こったら対応できないと思い、
我慢の末、午前のみ出勤(半休)にしました。
結局17時まで残業したのですが。

最近、仕事でイライラさせられる事が非常に多いので
私生活では癒しが欲しいのですが、そうもいきませんでした。

今回の壁紙に使用した場所は、有馬温泉です。
高校時代の友人と行ったのですが、その友人が凄まじく我侭。

本人が「~したい」と言う割には、全く行動が伴っておらず
毎度の事ながら、私が尻拭いをさせられる。

免許証があっても運転したくない(本人がペーパー免許だから)、
電車でゆっくり景色をみたい(電車での行き方がわからない)
温泉街から中華街に行きたい(移動時間をまるで考えてない)、
その後はビアガーデンに行って騒ぎたい(一体何時に帰るつもりなのか)
これでも言い足りない位に支離滅裂。

過去、初心者マークをつけて岐阜まで運転させられた事があるのに、
本人が免許を取った時は「運転したくない」と言うのだ。
これには流石に苛立ちを隠せなかった。
「ぶらり旅がしたい」と本人は言うが、ただの馬鹿なのだ。

旅館の予約もまともに取れず、口先だけで動かない。
私が旅行会社へ前々から確認を取って、誘導させる様にして宿を予約させた。

移動手段(電車)は、時間や乗換など何も考えておらず、
「迅雷が一緒に行き方考えてくれるんやろ?」と丸投げ状態。
こいつに任せたら面倒臭いだけだと思い、私が車を出して運転する事にした。

チラシの裏みたいなブログだから、愚痴を書くが、友人よ。

お前はいい歳こいて自分じゃ何も出来ないのか。
俺の真似して転職すると喚いて、フリーターになって一年以上だよな。

また今日もパートのおばちゃんに怒られたって。
腹が立ったから まともに仕事せずに帰ってきたって。
俺が聞きたい仕事の愚痴は、そんな下らない話ではない。
低レベルすぎて愛想笑いしてるのに気づいてくれ。

いつもお前の言ってる「夢」って何なんだ。
人並みの生活がしたいと いつも語っているが、
人並みの努力もできないお前には到底無理だ。

俺はお前の保護者じゃない。
「対等な立場なのが友人」とお前は言うが、
お前と対等になるという事は、凄まじく馬鹿になれということだ。
学生時代は馬鹿な事をやって楽しかったが、今はもう良い歳だ。

もう少し物事をしっかり考えて欲しい。
いつまでもお前の尻拭いをするのは御免だ。
[PR]

  by zinraisan | 2018-08-19 22:40 | Comments(2)

ココアシガレットを噛み砕く音が好き

b0184437_02342889.jpg
※私が撮影しました。

今年のゴールデンウィークは山口県へ旅行に行ってきました。
大自然!良い景色!他に褒める所何もなくね?

最近は自然に囲まれて過ごすのがマイブームです。
週末になると京都の山奥へツーリングに行ったりして、
何も考えずに静かな時間を過ごす事が多いです。
良い景色だなーなんて思いながら林道を走ってみたり。
ぼっちで寂しい奴だなんて思われたら否定はできないけど、
私の友達にバイクや車、ロードバイクを持っている人がほとんど居ないんですよね。
中にはBMWを新車で買った猛者もいますが。

そもそも移動手段としか思っていないような人ばかりで、
一緒にツーリングしよう!と誘いたい所だが意味がない。
新しい事に挑戦してみる意欲も無ければ、興味を持とうともしない。
爽やかな趣味を持っている奴も一握りで、大体の連中は
テレビゲーム、パチンコ・・・みたいな。

皆で集まってゲームするのも嫌いじゃないが、正直どこか遊びに出かけたい。
せめて自転車か原付くらい買ったらいいのになあ。


[PR]

  by zinraisan | 2018-05-13 02:36 | Comments(3)

私は元気です。

読者の皆さま、お久しぶりです。
といっても、見ている人がいるのかわかりませんが。

しばらく更新していませんでしたが、私は元気にしています。
近状報告やらを少し綴ろうかと思い、投稿します。
まあ、暇なだけなのですが。

転職して一年が経過しました。
慣れてきた頃合を見計らってか、
上司が特殊な案件を私に託しました。
過去十年以上、その上司のみが担当してきた業務です。
それを託すというのは、信用されているのか試されているのか
どちらかはわかりませんし、あまり考えたくもないです。
不安ばかりが募る一方なので。
新たな担当業務に相当なプレッシャーを感じつつ、
刺激的な日々を送っています。

私生活のほうは、結構な頻度で有給も自由に使わせて貰えたりと
以前の仕事と比べると私生活は遥かにゆとりが生まれました。
年明けには昔よく遊んでいたメンツで集まり遊んだりもしました。
仕事で辛い事も多いですが、転職してよかったと思えます。

相変わらず恋愛沙汰には無縁ですが、自分でアクションを起こす気もありません。
バイクに関しては、GN125H(赤いバイク)を姉の旦那さんに譲り渡しました。
本当は2台所有を続けたかったのですが、環境の変化により仕方なくです。

その代わり、私は自転車を買いました。
シクロクロス、FUJI製 Feather CX+です。(詳しくは検索してね)
上司と談話していた際、お古を格安で譲って貰えました。
春になったら上司とツーリングに行く予定です。

ドロップハンドルの自転車を運転した事がないどころか、
自転車に乗るのも久しかった私ですが、いざ乗ってみると
予想以上にスピードが出ますし、漕ぐ力もママチャリの比じゃないです。
かがくのちからってすげー。

もしも前の仕事を今日まで続けていたら、きっと私は壊れていたでしょう。
通勤中に「死んでしまえたら楽なのにな」なんて思っていた位ですから。
今の職場も少しずつですが慣れていくように努力しています。

上司とはすすんでコミュニケーションを取り、
業務の疑問には徹底的に意見・質問をするよう心がけています。

前職があったからこそ、「あれ?」と感じる事は意見する。
私にしか出来ない事だと、入社直後に言われた事があります。
今ではその意味が良くわかります。

所属する部署の不可解な部分に着目し、改善しようと動いてきました。
その結果、他部署の方から個人的に頼られる事も増えてきました。
良くも悪くも目立つ存在だと上司には評価を頂いています。
後は考え方を柔らかく出来れば、お前は化けると言われて
褒められているのか貶されているのか悩みどころですが。
クビにならない限りは頑張っていきますよ。


さて、本来このブログの趣旨であったオンラインゲーム「ミュー」。
私は全くログインしていません。

公式ブロガーさんの記事を気まぐれで見る位ですかね。
今日はこんな事して遊んだよ!なんて記事を見るのですが、
余りに滑稽すぎて、違う意味で面白いですね。
ほっとけ!って言われそうですが、私のブログを見ている人など
ほとんど居ないので大丈夫でしょう。

四次羽やら、ダークエンジェル(?)武器なんてモノも出るみたいですね。
もはや理解できないというか、ついていけない。
初期の武器なんて爪楊枝みたいな扱いじゃないのか?
ゲームバランス崩したら、そりゃ人も居なくなるよ。

私の装備を腐らせるのは少し勿体無い気もするので
何らかの形で散らせようかなと思ってたりもします。
実を言えば、属性アイテムもユニーク級を装備させています。
エーテル強化は微妙でしたが、その頃にはもう熱が冷めていました。
記事にする気も起こらなかったので、放置していました。

廃課金プレイヤーにとっては大した額では無いと思いますが、
私も総額で言えば優に百万円は課金していたと思います。
今考えると勿体無い事をした。

「形ある物いつかは滅びる」なんて言いますが
ミューに限って言えば、自ら滅びの道を選んだとしか言い様がない。
元は面白いゲームなのに、妙なテコ入れを繰り返し
気づけば悪い意味で原型を留めていない。

私が中学生の頃に このゲームに出会いました。
元々が古いシステムなので飽きてしまっても仕方ないですが。
もっとプレイヤーを大事にする運営チームなら違ったのかもしれない。

ゲームマスターがログインして、皆を導いていく姿を見ては興奮していました。
だけど、経営難なのか段々とゲームマスターもログインしなくなり、
運営会社がプレイヤーの意見や要望に耳を傾ける事もしなくなり・・・。

そしてプレイヤーの質すらも、ひたすら悪くなっていく。
己が利益のために他人に誹謗中傷を繰り返し、陥れようと必死になってる奴。
もしくは明らかなマナー違反も、集団で強気になり開き直って強行する連中。
個人的な感覚でいえば、全体の2割程度が良識を備えた人たちで、
残りの8割は性格に難があるというか、色んな意味で破綻者だったと思う。
人の事をとやかく言える程 自分が立派ではないのは自覚しているが、
ゲーム内で出会った真性でクズな連中よりは遥かにマシだと自己評価しておく。

現実世界で遊んでくれる人や、私を大事にしてくれた人達は別として。
今だからこそ理解できる、実に無駄な時間だった。
少なく見積もって、青春時代の1割は このゲームに捧げてしまっただろう。
「もし このゲームに出会ってなかったら」なんて、悲しくなるだけだが。
違うステージで頑張れたり、活躍できる部分があったのだろうかと思ってしまう。

長文失礼。
いつもの愚痴でした。
[PR]

  by zinraisan | 2018-02-04 22:05 | Comments(8)

白川GO

b0184437_0203033.jpg

※私が撮影しました。

8月のお盆休暇は岐阜県、白川郷へ旅行に行ってきました。
写真を沢山撮ってきたので、機会があれば更新時に載せます。

多くの人達が休んでる中、同じくして休める事が
当たり前のようで、当たり前じゃなかった。
私には、とても感動する事なのです。

帰路につく高速道路の渋滞でさえ、多くの人達と
同じ時間を過ごせる事に愛おしさすら感じてしまうのです。

旅行以外も色々な事をしました。
失った時間を今こそ、取り戻す為です。
多少の無理をしても やらなければならないと思ったからです。
友達と花火をして遊んだり、夏祭りに出向いたり。
とても充実した日々でした。

最近の記事に書いていた事ではありますが、
前職では余りに多くのものを犠牲にしてきました。
失ったものは、絶対に帰ってくる事がありません。
それに似た何かを拾い上げていく事が、今の私にできる最善です。

それを、当ブログに書き続けるのは 誰かに観られたり知って欲しいというより、
私が何をしていたのか 私自身が知りたいからです。

開設当時こそ、オンラインゲームの記事ばかり書いていましたが
今は ただの日記帳になっていますね。

それでは、また。
[PR]

  by zinraisan | 2017-08-20 00:17 | Comments(0)

桜が咲いても君はいつも

b0184437_224093.jpg

※私が撮影しました。

私の友人を少し紹介させて欲しい。
性格の事を良く言えば、天真爛漫って奴だ。
物事に対して無邪気に接するので、純粋と言えばその通りだ。

しかし、それは物事を全く考えずに行動する事も意味している。
その場のノリで生きている様な奴なので、計画性がまるで無い。

彼は大学を四年間行き続けたフリをして、
学業を疎かにして遊び呆けていた。
そして大学中退後、アルバイト先の店舗で正社員となった訳だ。

呆れていたであろう彼の両親も行末を心配してなのか、
自動車教習所に通わせるも、数回通った後
「先生に怒られたから行きたくない」とすぐ挫折した。
嘘か真か、一部の教習代が返金されたそうだが
その親の金ですら着服して好き放題に使ったと彼は豪語する。

その頃にはお互い社会人だった。
「お互いにブラックな会社に入ってしまったな」なんて笑い飛ばしていたが、
人事課が一新され、実績作りの為の 悪意に満ちた人事異動によって
漫画やドラマに出てくる様な ふざけた上司を送りつけられた結果、
飯が喉を通らず、涙が止まらず、寝言で絶叫したり、無意識に枕を殴りつけていたり。
体重が16キロも落ちた時、私は限界を感じて退職した。
そして私は入社三年目にして退社し、数ヶ月を無職で過ごした。
その頃の私の悩みを真摯に聞いてくれた事には感謝している。

そして運良く転職に成功し 今に至る訳だが
そんな私の様子を見てなのか「俺も転職する」と言い出して
正社員を突然降りて、アルバイトとして働く事になった。

「君の人生だから好きにすればいい」と思っていた。
そんな矢先に君は「営業職」になりたいと言う。
営業職になる為には自動車免許が必要だと彼は感じたらしい。

そしてある日、私が仕事中にラインが一通。
「大事な話があるから直接会って話がしたい」と言う。

既に嫌な予感がしていたが、それは的中した。
「自動車教習所に通う金が足りないから10万円貸してほしい」と言うのだ。
確かに昔「もし友達が金を貸してと言ったらどうする」という話をした事がある。
私は「信用している奴が困っている状況なら助ける」とは言った覚えもある。

要約すれば彼の主張は以下の通りだ。
①「貯金は40万円、教習所はローン払い」
②「生活が苦しくなるから10万円貸してほしい」

詰まるところ、遊ぶ余裕が無いから金を貸せという事だろう。
実際はわからないが、少なくとも私にはそう聞こえた。

私が無職の頃、暫くは生活に困らないようにと貯金をしていたが
彼の場合は、やはり何も考えていなかった様だ。
昔にお互いの貯蓄額を教えた事があったので、尚更目をつけたのだろう。

彼の趣味である高価な家具集めや、格好付けて職場のアルバイトを
後輩などと呼んで可愛がり、頻繁に飲食代を奢ったりしていた事を
既に知っていた私には到底納得できなかった。
別にそれらが悪いとは言わないが、自分の将来を何も考えずに
その場だけの感情で金を湯水の様に使っていたのなら、論外だ。

自動車免許にしたって、親の慈悲で一度は通わせて貰っておきながら
「先生に怒られたから」なんて子供の様な戯言で諦めた経歴すらある。
親の金すら返せないのに、私が貸した所で返ってくるとは思えない。

「俺ならお前に何も言わずに10万貸すけどな」なんて彼が言うので、
「じゃあ競艇行くから今すぐ10万円下ろして俺に渡せ」と言い返した。
「それとこれじゃ意味が違う」と彼は言うが、
私にしてみれば何の大差も無いと思っている。

この時、彼の為に自動車に乗せて遠出した事を激しく後悔した。
そのまま放置して帰ってしまいたいという衝動を ひたすら堪えた。

俺の周りの友達にお前の事相談したら、
最低なクズ野郎だから縁を切れって言われたわ。
お前とは暫く連絡を取りたくない。

私は正直に全て言ってやった。
すると驚きの返事だった。

俺の評判下がるから周りに金の貸し借りの事言わんといてくれや!
それは誤解だって周りに言ってくれや!
お前の評判など、既に最低だという事を忘れるな。

私の事を「転職してから損得感情で動く様になった」と皮肉を言ってきた。
確かにその通りかもしれない。
入社して数ヶ月経過したが、オンとオフの切り替えが自在になったとは
正直自分でも思っていない。
だが金の貸借とは事実上の損得だと思う。
損得感情で動いていると感じているならば、
そんな案件を私に振った時点で 迷い無くマイナス評価をしてやる。

「ごめん、俺もお金が無いから勘弁してくれ」なんて
大人の対応で笑って流してやろうと当初は思っていたが、
お金を借りようとしている割には余りに偉そうで身勝手な言い分。
私は我慢できずに遂に激昂した。

今までの本音が炸裂した。
正直に言いたい事を言ってやった。

正直言って、俺は前職を誇りには思っていない。
他人に誇れる様な学歴とか能力、魅力も無い。
面接だって何度も落ちた、面接官に馬鹿にされた事だってあった。
世間から疎外されているような感覚もあったし、辛い思いは何度もしたわ。
それでも いつか俺を認めてくれる人がいるんやと思う様にしたわ。
そうやないと自分の事を全否定する事になるやろ。
今の上司が俺を何で採用したか、二人で車に乗っている時
言われたんやけどな。
前職の環境で3年やり通した事は評価すべき事だってよ。
良くも悪くも名の通った会社だったからな。
忍耐力と履歴書の丁寧な字を見て面接に呼んで、
本音で面接に挑んだからこそ俺を採用したんだってよ。

今の職場が果たして本当に良いのか何て俺にはわからん。
理系の連中に混じって、文系の俺に何が出来るのかすらもわからん。
毎日が わからない事だらけで辛いことも多いわ。
ひょっとしたら嫌になってしまうかもしれない。
それでも毎日必死にくらいついとるんや。

けどな、こんなくだらない理由でも
俺を認めてくれる人はいるんや。
そんなくだらない事すらお前はマトモにできんのか。

字は汚くて読めない、何かをやり遂げた事もない。
すぐ諦めて 親にさんざん迷惑かけやがって。
次は俺に迷惑かけて 今どんな気分や?
経歴書に書いてる事は レジ打ちと商品を売り場に出す事。
後輩と仲良く楽しく仕事をしてる?
そりゃ結構な事やな。
お前が正社員じゃなくてアルバイトならな。

計数管理、商品選定、同業他社の動き方を理解して、
客の動向を研究し、社員を適切に管理する、それが正社員とちゃうんか。

話聞いてりゃ 売上の数字も知らん。
売ってる物の原価も知らん。
計数管理も店長がやってくれるから知らないって?

それで営業がしたいってマジで言ってんなら論外やで。
車乗って、お喋りして、物渡すだけとか思ってんのか。
今すぐ全国の営業職してる人に頭下げてこいや。
運転免許取ったら誰でも営業マンになれると思ってんのか。
お前は「営業職」の理想をいっつも語るけどな。
営業マンが簡単に見えるなら、大間違いやぞ。
今すぐ そのふざけた人生と態度なんとかせえや。



みたいな事を言ってやりました。
本人は相当堪えてるみたいですが、もう知りません。
電話に着信きても無視しています。
今後どうなるんだろうね。
[PR]

  by zinraisan | 2017-04-30 22:22 | Comments(0)

聖夜こそなれど

b0184437_20959100.jpg

※私が撮影しました。

今夜は友達と集まって忘年会。
皆と集合するまで時間があるので記事を作ります。

そして、読者の皆様に報告を致します。
ご縁があって、とある会社に再就職しました。
完全に未経験・異業界・異業種です。
入社して数日経過しましたが、己の能力不足を非常に痛感しています。
私の丸一日の仕事量は、恐らく先輩社員であれば一時間も必要としません。
悔しい思い・情けない気持ちで一杯ですが、これから学んでいきます。
試用期間が数ヶ月、周囲に認めて頂ける様に必死に噛り付いています。
努力して駄目なら次の仕事探しますけどね。

新卒で入社した前職では「残業は勉強であって仕事では無い」、
残業代を受け取るのは己の信用に影響すると教わってきました。
「能力が低くて残業をしている自覚があるので残業代は結構です」と伝えると、
「君の考え方は間違っているぞ。勉強するのも仕事なんだ!」と人事課に怒られました。

お昼休みという概念がある事にも驚きました。
以前は5分で弁当を食べて仕事に戻っている状態でした。
決められた時間を自由に過ごすという概念が存在しませんでした。
先輩から頂いた資料を纏めるために、自主的に勉強をしていたら
「昼休みはちゃんと休もうよ!」と先輩社員に怒られました。

有給は決められた日数を必ず消化させる様です。
先輩社員が家庭の事情として、有給を普通に使っていました。
前職は親族が亡くなっても、有給どころか忌引扱いにもなりませんでした。

歪んだ思想を埋め込まれてきた様です。
それが当然だと思い込んでいた自分が余りに情けなくて、
仕事帰りの駅のホームで思わず涙目になりました。

まだ職場に馴染めていませんが、努力を欠かさず
自分が納得できる仕事を出来る様に精進します。
[PR]

  by zinraisan | 2016-12-24 20:10 | Comments(0)

ど根性ガエル18番

b0184437_22722.jpg

※私が撮影しました。

居るかどうかはさておき、読者の皆様お久し振りです。
私は一応生きています。

めっきり更新を怠っていましたが、一応近状報告として記事にします。
前回の記事から、およそ1ヶ月弱でしょうか。
仕事を辞めたのが9月なので、仕事をせず2ヶ月程過ごしています。

相変わらず就職活動を続けている状態です。
結論を言えば、内定を辞退しました。

年休125日、残業一切無し。
夢の様な話ですが、条件全てが良い会社など中々存在しない。
業種や業界、職種は伏せますが、それなりに有名な会社だと思います。
書類選考を通過後、面接をしました。
新卒として学生時代に挑戦した以来、本物の面接です。

採用数2名に対して、応募者は数十名だと後々知りました。
待合室で他の転職者の方々と話してみると、素晴らしい方々。
商社、銀行、メーカー、20代から30代まで。
自分の前職に誇りを持てない私は、最初から負け戦ムード。
「どうせ駄目なら素の自分でいってやろう」

相手を笑わせたら勝ちだと己の心に刻み込みました。
「私の弱点は打たれ弱い事ですかね。四の地固めまでは耐えますが。」
「趣味はダンベルで腕が吊るまで筋トレする事です。」
とにかくふざけ続けました。

何故か即日内定を頂きました。

が、ふと冷静に我に返った時に幾つか不安が湧き上がりました。
1つ目は、想定していた業務内容と異なる事。
どちらかと言えば、肉体労働の面が大きい。
デスクワークを希望していた私にとって、これは想定外だった。

2つ目は、給料体系が不透明な事。
25歳にして転職なので、年収が下がるのは仕方ない事ですが
昇給に関して曖昧な表現をされた事に凄まじい不安を覚えました。
「頑張れば幾らでも増えるし、頑張らない人は1円も増えない」
「昇給の基準・規定は一切教える事が出来ない」

初任給には納得していましたが、将来を考えると恐ろしい事だと
後々になって気づくのでした。
求職者にとって、[謎]という存在は疑心暗鬼を招きます。
何せ、求人票と相違がある訳ですから。
「頑張っても昇給が無い時があるけど、我慢しろよな」と聞こえるのです。

流石に前職と同等の給料を頂けるとは思っていませんが、
求人票の昇給実績と異なる説明を受けると不安でしかありません。

内定の電話を頂いたときに 給与に関して質問や交渉を行ったものの、
言葉を濁らすような回答しか頂けず、不透明な会社に
進んで入社しようとは思えませんでした。

これを書いてるのは土曜日で、月曜日には断りの電話を入れなければなりません。
何を言われるかと思うと心が苦しくなりますが、己が招いた結果なので仕方ない。

まあ、気楽に求職活動をしようとは思っていません。
難しいかもしれませんが、今年中に正社員として就職する事を目標にします。
[PR]

  by zinraisan | 2016-11-05 22:07 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE