矛盾奇行記

b0184437_2227358.jpg

※私が撮影しました。

誕生日プレゼントとしてUSJに連れていって欲しいと、
友人が我侭を言うので仕方なく行ってきた。
何が楽しくて男二人で行かなきゃいかんのだ。
朝から叩き起こされ、眠い目をこすり、
「今日ぐらい良いか」なんて思っていた。
でも毎度毎度、君の我侭と矛盾する発言にはウンザリしてきている。

そして、次回分の日記で遂に私は爆発するのであった。
どうでも良いけど続くんだよ。


-今日のMU-
最近気まぐれで見てみたアニメですが、
ネットゲームが舞台になっている話がありました。
「こんな風なら面白いだろうな」なんて感化されてしまい、
久しぶりにログインしてみました。
十分程ログインして、すぐに飽きた。
案の定というか、三連休であろうと
人の少なさが尋常じゃない。

「すげえ課金してやったぜ!」みたいな人も未だに居る様なので
ゲーム自体が無くなる事は無いだろうが
昔ほどの活気はもう戻る事も無いんだろうなと。
運営に愚痴りながらも真面目にやり続けてる人達は
ある意味精鋭だなーって思いますけどね。

一度は装備が極致に至った身としては、
アニメでやってたから、ネトゲに興味があるからと、
もう次のネットゲームを探そうとも遊ぼうとも思いませんが。

今後、MUのプレイ人口が増えるか、増えないか。
答えは「増えない」に賭けたい。
普通に考えて「ネットゲームやってみたいな」って思ってる人が
こんな古臭いゲームを選ぶのかって事ですよ。
最近のネトゲは3Dで大剣を振り回したり、
ドラゴンに跨って縦横無尽に駆け回ったり、
拳銃を持って緊迫した雰囲気の中で戦ったりと
「こんなことをしてみたい」と思える需要に適している。

では今のMUには何が魅力的に感じるのかと。
ダークファンタジー系オンラインゲームとして、
一時MUは流行していました。
オンラインゲーム専雑誌で特集が組まれたり、
特設会場が用意されて、現実での集会があったり。

そんな勢いもいつしかなくなり、
絵は古臭い、システムは同じ事の繰り返し、
クエストは数える程しかない。
その癖、要求してくる現金の額面が狂っている。

今のマーケティング方針としては囲い締め型だなと。
飼いならされた洗脳済みの精鋭だけを横並べにして
金を出せと言われたら、黙って差し出す様な。
成熟しきったコンテンツに対するマーケティングとしては
確かに ある意味において正解ではある。
絞りカスになるまで絞り続ける段階に入っているのだから。
愚痴が長くなったが、本当にどうなるんだろうね。
[PR]

  # by zinraisan | 2017-03-20 22:27 | 日常(MU) | Comments(0)

準備中

b0184437_2223286.jpg
※私が撮影しました。


どんな言葉ならかけられただろう。
こんな終わり方は言葉にできない。
神様がいるなら殴り倒してやりたい。
何故あいつが天涯孤独になる意味があるのか。
出来る事が少なくても力になりたい。
大事な友人として精一杯やらせて貰うよ。



-今日のMU-
b0184437_222423.jpg

一部で「改悪」と謳われるアップデートが実装されました。
どう変化したのか詳しく知りませんが・・・。
見てる人も少ないだろうし、好き放題語らせてほしい。

新装備に少しだけ興味があったものの、プレイヤーの現金を搾取しようと
必死になっている営業方法に萎えて やる気が全く起こらない。

ボランティア団体ではないのだから、料金が必要なのは当然だが
サービスに見合った対価を払うのが、世の決まり。
個人的には今のMUに金を払う価値など殆どない。
ばら撒きイベントを稀に開催するとき、ふざけて投資する程度だ。
全くと言って良いほどに どうでもいい存在に成り下がった。

このゲームの魅力が凄まじく薄くなった。
装備が輝こうとも、強いアイテムを集めようとも、
結局のところは全てが現金で解決している現状が恐ろしい。
泥沼に嵌って壊れたラジコンカーのように
奇怪に動き回る連中が ひたすら不気味だ。

どこの誰かは知らないが、公式ページのツイッター欄では
消費者センターに訴えると呟いてる人もいる。
今更どうなろうと知ったことではないが。
β時代からプレイしていた一古株として呟くなら、
今のMUが終了してしまっても何も感じないだろう。
「好きの反対は無関心」とは良く例えたもので、
まさに現状にピッタリと一致した言葉だ。
運営のやる気が微塵も感じられない。

気分転換に攻城戦に参加してみたが、何が面白いのか さっぱり理解できない。
狂ったような装備をした廃人が偉そうに君臨して、
その取り巻きがモゾモゾ蠢いてるだけ。
参加して数十分で凄まじく面白くないから眠くなった。

MUで熱くなれる連中が凄いなーと思う、今日此の頃。
雑な〆方だけど これ以上書くと超絶毒舌になりそう・・・。

[PR]

  # by zinraisan | 2017-02-27 22:03 | 日常(MU) | Comments(2)

あたり前が当然じゃない時

b0184437_1501270.jpg

※私が撮影しました。


明けましておめでとうございます。
と言うのも億劫になる1月22日に更新します。
特に書くこともありませんが、見てくれている人も居る様なので。
前の会社の事を少しばかり記事に綴ろうかと思います。

私が以前勤めていた会社は不定休でした。
本来は休日も決まっていたのですが、
要望に応じて出勤する事を強制されていた。
祝日や年末年始など関係なく、月に決まった日数を休むだけ。

不定休で過ごすと、体の調子が狂ってくるのが実感できた。
例えるならば、携帯電話のバッテリー残量が僅かになった時に
少しばかりの時間を必死になって充電する。
当然100%充電される訳もなく、残量は減り続けている。
そんな感覚を誤魔化して日々をやり過ごす。
何かをする元気もなく、昼頃には疲労を感じて
夜まで寝続ける、そんな休み方をしていた。
ただ、仕事内容は嫌いではなかったと今になっては思う。

当時の私が思っていたこと。
例えばテレビ放送で「大型連休をどう過ごしますか」なんてやっている。
どう過ごすも何も、ずっと仕事しているだけ。

旅行に行きますだとか、遊園地で遊ぶだの、幸せそうに語る奴らを
液晶越しに羨ましく、妬ましくも思っていた。
世間一般と対等に扱われていないのかと苦痛だった。
全ての人達に等しく与えられている訳でもないのに、
さも当然の様に報道する様が不愉快だった。
「お前が選んだ会社だから文句言うな」と言われたら、その通りだ。
まさかあれ程酷い会社とも思っていなかったが。

年末年始を自由に過ごせる事がどれだけ幸せな事か。
家族や友人と過ごす時間がどれ程大切か。
プライベートの時間をどの様に使うべきなのか。

考えて、考えて、今は深夜の3時なので寝ます。
おやすみなさい。
[PR]

  # by zinraisan | 2017-01-22 01:50 | 日常(リアル) | Comments(0)

聖夜こそなれど

b0184437_20959100.jpg

※私が撮影しました。

今夜は友達と集まって忘年会。
皆と集合するまで時間があるので記事を作ります。

そして、読者の皆様に報告を致します。
ご縁があって、とある会社に再就職しました。
完全に未経験・異業界・異業種です。
入社して数日経過しましたが、己の能力不足を非常に痛感しています。
私の丸一日の仕事量は、恐らく先輩社員であれば一時間も必要としません。
悔しい思い・情けない気持ちで一杯ですが、これから学んでいきます。
試用期間が数ヶ月、周囲に認めて頂ける様に必死に噛り付いています。
努力して駄目なら次の仕事探しますけどね。

新卒で入社した前職では「残業は勉強であって仕事では無い」、
残業代を受け取るのは己の信用に影響すると教わってきました。
「能力が低くて残業をしている自覚があるので残業代は結構です」と伝えると、
「君の考え方は間違っているぞ。勉強するのも仕事なんだ!」と人事課に怒られました。

お昼休みという概念がある事にも驚きました。
以前は5分で弁当を食べて仕事に戻っている状態でした。
決められた時間を自由に過ごすという概念が存在しませんでした。
先輩から頂いた資料を纏めるために、自主的に勉強をしていたら
「昼休みはちゃんと休もうよ!」と先輩社員に怒られました。

有給は決められた日数を必ず消化させる様です。
先輩社員が家庭の事情として、有給を普通に使っていました。
前職は親族が亡くなっても、有給どころか忌引扱いにもなりませんでした。

歪んだ思想を埋め込まれてきた様です。
それが当然だと思い込んでいた自分が余りに情けなくて、
仕事帰りの駅のホームで思わず涙目になりました。

まだ職場に馴染めていませんが、努力を欠かさず
自分が納得できる仕事を出来る様に精進します。
[PR]

  # by zinraisan | 2016-12-24 20:10 | Comments(0)

ヒイラギのリースと

b0184437_2393783.jpg

※私が撮影しました。

当ブログがランク外になろうと見てくれている人が居る事に驚きつつ
引き続いて私の近状報告を少し綴ります。
結論から言えば、また辞退しました。
「お前は何度辞退したら気が済むの」と言われても仕方ないですね。
某鉄鋼系メーカーが気になって応募しました。
面接はとても話が弾み、筆記試験もそれなりの結果が残せたと思います。
最終面接では内定を確約して頂ける段階まで来たのですが
「事業拡大の為に東京へ移り住んで欲しい」とお願いされました。
私の我侭では無く、とある事情で関西圏から離れる事が出来ない為
やむを得ず諦める結果になりました。
それなりに面接経験を重ねると雰囲気で良否判定がわかる気がします。
数社が私を認めて下さったのですから、ほんの少しだけ自信も沸いてきました。
諦めずに努力して必ず納得する未来を探し当てます。

転職活動だけではなく私生活の面も綴ります。
今回記事のトップに使った写真は、[御堂筋イルミネーション2016]です。
以前から興味がありながら、この景色を見た事がありませんでした。
澄んだ空の色と冷たい気温だからこそ、電飾は映えると思います。
とても良いものを見る事が出来て幸せでした。

年末に向けて幾つか予定があります。
温泉巡り、飲み会、忘年会、ユニバーサルスタジオジャパン。
正直お金に余裕はありませんが、私を大事にしてくれる人が
誘ってくれるなら極力参加して今年を締め括りたい。
[PR]

  # by zinraisan | 2016-12-03 23:09 | 日常(リアル) | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE