<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

二人で夢を見ていたいから

b0184437_3451541.jpg

ブログのトップ画像に採用した、この絵が一枚。
ふと、懐かしい記憶が蘇ったので、書いてみる。
私が小さい頃から仲の良かった女の子。
同じ習い事をしていて、同じ帰り道。
今にも崩れそうな駄菓子屋で
ビックリマンチョコを1個ずつ買って食べていた。
二人とも、ゲームボーイソフトの箱に シールを貯蓄した。
何故貰ったかは覚えていないが、犬の頭がゴルフ場になっている
ピカピカのシールが嬉しくて 鉛筆削り機に貼ったり。

そんな鉛筆削り機も今では部屋の片隅、苦しそうに埋まっています。

毎年、バレンタインにはチョコを貰った。
だが、ある時を境に 私は、その子に冷たい態度を取るようになってしまった。
それでも、毎年 私にチョコをくれた。
考えれば 考えるほど 私は愚かな男である。

そんな私も、女の子も歳を重ねて
お互いの進む道は、大きな分岐点を迎えた。
決定的な差が、ここに来て開く。

ある年のバレンタイン、ゴディバの小さなピンク色の筒に入った
ハート型チョコ一個と、一通の手紙が私の手のもとへ。

手紙の内容は、私にとって非常に衝撃的なものだった。

この手紙とチョコを貰った日から、私の心がモヤモヤとしだした。
寝ようとしても、昔のことばかり思い出してしまって、
「こうすればよかった」「ああすればよかった」と考えてしまう。
妄想の中の私は、完璧で。現実の私は、こうも情けない。

このモヤモヤが、好きだからなのか、
それとも、私の罪悪感なのかが分からなくて悶絶し続けて。

3月14日、自分の気持ちを確かめに行った。
そんな、私の思い出。


-今日のMU-
b0184437_2493651.jpg

CC4専用レイジファイターとしての育成が、一段落しました。
大体の戦闘スタイルが確立したので 今回改めて報告します。

前回の記事では、あまり魅力を感じないレイジファイターでしたが、考えが大きく変わりました。
CC4でも活躍が期待できると思います。

前回の記事ではSDPを持参せず赤ポーションだけで回復を行っていました。
そこで考えを改め、SDPを私のナイトと同じ数量分 持たせることにしました。

武器にSD減少を付与させ、ダメージ反射を一箇所。
サンタ招待状のバフ効果は、HP+500から 力+30に変更。
魔法師の指輪は必須です。

これらの状態でCCに参加してみたところ、以下の結果となりました。
※下記に記していない職の方々とは戦闘回数が少ないので今回は記載しません。


○対K戦
チェインドライブが一発八連射なので、
ノックバック効果によりコンボが非常に打ちづらいとの感想を頂きました。
何名かに協力頂き、検証しましたが
ナイト側の通常SDPを全て消費させることに成功しました。


○対WIZ戦
チェインドライブの攻撃範囲が「4」なので、
攻撃は比較的に容易です。
但し、一撃必殺と言える火力がないので
SDPを全て消耗させる必要があると考えます。
また、協力を得た検証の結果、WIZ職がテレポーション中に
攻撃を与えるとダメージは表示されませんが
一発における八連射中、四連射(回)分適応されるようです。


○対S戦
チェインドライブと、チェーンライトニングの合戦。
SDPは全てではありませんが、大量に消費させることに成功。
レイジファイターは、HPを非常に高く調整できるので、
即死することなく、SDP、赤ポーションを使う余裕がありました。



以上が、別職との戦闘感想となります。
勝率が高いというわけではありませんが、優勝することもあるので
CC4でレイジファイターは弱いのかという疑問に対しては
私は「それなりに有能な職である」と意見します。
それ程に面白い結果となりました。
果実未使用、防具武器のop付けも未完成なので
今後の調整次第では更に大きな可能性を秘めていることでしょう。

誰かCC4レイジファイターやってくれないかな


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 2011-04-23 02:14 、当ブログのコメントにおいて私に質問がありましたので、
当ブログにおいて改めて私個人の思想を述べさせて頂きます。
なお、この記事を読んで頂ける場合は幾つか留意して頂きたく思います。
 先ず最初に、私の思想はCC4を遊んでおられる多くの方々とは異なっている
可能性があるということです。
当ブログを09年5月に開設、11年6月の現在に至るまで
私が 己の思想を記事として書かなかった最大の理由であります。
今回の様な機会を頂く事が無い限りは、
CC4を遊ぶにあたって、出来るだけ控えようと考えておりました。
よって、人によっては 多少過激な表現となる可能性があることを御理解願います。
 次に、質問コメントを書き込んで頂いた方には申し訳ありませんが
Q&A形式ではなく、質問に対する回答も含めた一文章を以って回答とさせて頂きます。
以上を含め、拙く長い文章となりますが何卒宜しくお願い致します。
                                 -以上-

了承して頂ける場合、本章はこちらになります。
[PR]

  by zinraisan | 2011-06-06 02:19 | 日常(MU) | Comments(48)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE