景色を眺める旅がしたい

b0184437_21561566.jpg

※私が撮影しました。

どうせ見てる人も限られてるし、書きたい事を書こうかと。

小学生の頃、面白い人ランキング2位という微妙な立ち居地。
人間関係には困らず、楽しい日々を過ごせたと思います。
この頃から既にゲームが大好き、勉強が大嫌いな子供でした。

中学生の頃も変わらず勉強が苦手でした。
学年の成績順位なら下から数えた方が早かったかもしれない。
友人には恵まれたが、人格破綻者が多い学年でもあった。

家庭教師を付け、英語塾にも通い、何とか希望した高校を合格。
努力嫌いな自分が、努力した三年間だったと思う。
図書室の自習コーナーで必死に参考書を解いていた。
とある得意分野と真面目な態度が評価されて
大学推薦枠を貰う事になった。

大学時代、とても頼りになる友人が出来る。
その友人が居なければ、今の自分には成りえなかった。

大学を卒業後、何となく興味を持った会社に面接を受けて
何故か内定が出た。
寝起きに溜息、トイレの鏡に映る自分の姿を見て自問自答の日々。
精神をすり減らしながら三年半ほど従事。

この会社の名前聞いたことあるなーって程度で入社した結果、
地獄絵図の様な日々を過ごす事になる。
半ば鬱気味になって退職、数ヶ月を無職として過ごす。

日々貯金が減っていく事に焦りを感じて求職活動。
エージェントから紹介される仕事は明らにロクな仕事がなく、
地方の就職支援センターでは偉そうなババアに下らない説教され、
結局ハローワークに足を運ぶ日々。

そして今の仕事と出会いました。
一日中パソコンと書類を睨めっこ、事務に近い仕事をしています。
元々視力が悪いですが、最近更に目が悪くなりました。
が、やはり新しい環境は色々と面白いし興味深い。
この仕事を続けられる内は、私を拾ってくれた事に恩返しをしたい。
[PR]

  by zinraisan | 2017-05-22 21:56 | 日常(MU) | Comments(0)

<< 第三回目 桜斎 オフ会 桜が咲いても君はいつも >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE