桜が咲いても君はいつも

b0184437_224093.jpg

※私が撮影しました。

私の友人を少し紹介させて欲しい。
性格の事を良く言えば、天真爛漫って奴だ。
物事に対して無邪気に接するので、純粋と言えばその通りだ。

しかし、それは物事を全く考えずに行動する事も意味している。
その場のノリで生きている様な奴なので、計画性がまるで無い。

彼は大学を四年間行き続けたフリをして、
学業を疎かにして遊び呆けていた。
そして大学中退後、アルバイト先の店舗で正社員となった訳だ。

呆れていたであろう彼の両親も行末を心配してなのか、
自動車教習所に通わせるも、数回通った後
「先生に怒られたから行きたくない」とすぐ挫折した。
嘘か真か、一部の教習代が返金されたそうだが
その親の金ですら着服して好き放題に使ったと彼は豪語する。

その頃にはお互い社会人だった。
「お互いにブラックな会社に入ってしまったな」なんて笑い飛ばしていたが、
人事課が一新され、実績作りの為の 悪意に満ちた人事異動によって
漫画やドラマに出てくる様な ふざけた上司を送りつけられた結果、
飯が喉を通らず、涙が止まらず、寝言で絶叫したり、無意識に枕を殴りつけていたり。
体重が16キロも落ちた時、私は限界を感じて退職した。
そして私は入社三年目にして退社し、数ヶ月を無職で過ごした。
その頃の私の悩みを真摯に聞いてくれた事には感謝している。

そして運良く転職に成功し 今に至る訳だが
そんな私の様子を見てなのか「俺も転職する」と言い出して
正社員を突然降りて、アルバイトとして働く事になった。

「君の人生だから好きにすればいい」と思っていた。
そんな矢先に君は「営業職」になりたいと言う。
営業職になる為には自動車免許が必要だと彼は感じたらしい。

そしてある日、私が仕事中にラインが一通。
「大事な話があるから直接会って話がしたい」と言う。

既に嫌な予感がしていたが、それは的中した。
「自動車教習所に通う金が足りないから10万円貸してほしい」と言うのだ。
確かに昔「もし友達が金を貸してと言ったらどうする」という話をした事がある。
私は「信用している奴が困っている状況なら助ける」とは言った覚えもある。

要約すれば彼の主張は以下の通りだ。
①「貯金は40万円、教習所はローン払い」
②「生活が苦しくなるから10万円貸してほしい」

詰まるところ、遊ぶ余裕が無いから金を貸せという事だろう。
実際はわからないが、少なくとも私にはそう聞こえた。

私が無職の頃、暫くは生活に困らないようにと貯金をしていたが
彼の場合は、やはり何も考えていなかった様だ。
昔にお互いの貯蓄額を教えた事があったので、尚更目をつけたのだろう。

彼の趣味である高価な家具集めや、格好付けて職場のアルバイトを
後輩などと呼んで可愛がり、頻繁に飲食代を奢ったりしていた事を
既に知っていた私には到底納得できなかった。
別にそれらが悪いとは言わないが、自分の将来を何も考えずに
その場だけの感情で金を湯水の様に使っていたのなら、論外だ。

自動車免許にしたって、親の慈悲で一度は通わせて貰っておきながら
「先生に怒られたから」なんて子供の様な戯言で諦めた経歴すらある。
親の金すら返せないのに、私が貸した所で返ってくるとは思えない。

「俺ならお前に何も言わずに10万貸すけどな」なんて彼が言うので、
「じゃあ競艇行くから今すぐ10万円下ろして俺に渡せ」と言い返した。
「それとこれじゃ意味が違う」と彼は言うが、
私にしてみれば何の大差も無いと思っている。

この時、彼の為に自動車に乗せて遠出した事を激しく後悔した。
そのまま放置して帰ってしまいたいという衝動を ひたすら堪えた。

俺の周りの友達にお前の事相談したら、
最低なクズ野郎だから縁を切れって言われたわ。
お前とは暫く連絡を取りたくない。

私は正直に全て言ってやった。
すると驚きの返事だった。

俺の評判下がるから周りに金の貸し借りの事言わんといてくれや!
それは誤解だって周りに言ってくれや!
お前の評判など、既に最低だという事を忘れるな。

私の事を「転職してから損得感情で動く様になった」と皮肉を言ってきた。
確かにその通りかもしれない。
入社して数ヶ月経過したが、オンとオフの切り替えが自在になったとは
正直自分でも思っていない。
だが金の貸借とは事実上の損得だと思う。
損得感情で動いていると感じているならば、
そんな案件を私に振った時点で 迷い無くマイナス評価をしてやる。

「ごめん、俺もお金が無いから勘弁してくれ」なんて
大人の対応で笑って流してやろうと当初は思っていたが、
お金を借りようとしている割には余りに偉そうで身勝手な言い分。
私は我慢できずに遂に激昂した。

今までの本音が炸裂した。
正直に言いたい事を言ってやった。

正直言って、俺は前職を誇りには思っていない。
他人に誇れる様な学歴とか能力、魅力も無い。
面接だって何度も落ちた、面接官に馬鹿にされた事だってあった。
世間から疎外されているような感覚もあったし、辛い思いは何度もしたわ。
それでも いつか俺を認めてくれる人がいるんやと思う様にしたわ。
そうやないと自分の事を全否定する事になるやろ。
今の上司が俺を何で採用したか、二人で車に乗っている時
言われたんやけどな。
前職の環境で3年やり通した事は評価すべき事だってよ。
良くも悪くも名の通った会社だったからな。
忍耐力と履歴書の丁寧な字を見て面接に呼んで、
本音で面接に挑んだからこそ俺を採用したんだってよ。

今の職場が果たして本当に良いのか何て俺にはわからん。
理系の連中に混じって、文系の俺に何が出来るのかすらもわからん。
毎日が わからない事だらけで辛いことも多いわ。
ひょっとしたら嫌になってしまうかもしれない。
それでも毎日必死にくらいついとるんや。

けどな、こんなくだらない理由でも
俺を認めてくれる人はいるんや。
そんなくだらない事すらお前はマトモにできんのか。

字は汚くて読めない、何かをやり遂げた事もない。
すぐ諦めて 親にさんざん迷惑かけやがって。
次は俺に迷惑かけて 今どんな気分や?
経歴書に書いてる事は レジ打ちと商品を売り場に出す事。
後輩と仲良く楽しく仕事をしてる?
そりゃ結構な事やな。
お前が正社員じゃなくてアルバイトならな。

計数管理、商品選定、同業他社の動き方を理解して、
客の動向を研究し、社員を適切に管理する、それが正社員とちゃうんか。

話聞いてりゃ 売上の数字も知らん。
売ってる物の原価も知らん。
計数管理も店長がやってくれるから知らないって?

それで営業がしたいってマジで言ってんなら論外やで。
車乗って、お喋りして、物渡すだけとか思ってんのか。
今すぐ全国の営業職してる人に頭下げてこいや。
運転免許取ったら誰でも営業マンになれると思ってんのか。
お前は「営業職」の理想をいっつも語るけどな。
営業マンが簡単に見えるなら、大間違いやぞ。
今すぐ そのふざけた人生と態度なんとかせえや。



みたいな事を言ってやりました。
本人は相当堪えてるみたいですが、もう知りません。
電話に着信きても無視しています。
今後どうなるんだろうね。
[PR]

  by zinraisan | 2017-04-30 22:22 | Comments(0)

<< 編集中 矛盾奇行記 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE