感謝の正拳突一万回

b0184437_813552.jpg

※私が撮影しました。

叶えたい夢が幾つか実現した。
私が仕事を辞めると聞きつけて、友達が連絡をくれた。

「三年間お疲れ様!」
「皆で集まって遊ぼう!酒を飲もう!」
「お前は一人じゃないから大丈夫や!」
詳しくは、今後の日記に載せるとして。

私は、ずっと考えていた事がある。
仕事に「息抜き」は絶対必要だ。
休みなく働き続ける事は、人間らしさを失う。
仕事で感じる、嬉しい事や悲しい事は
決して、私生活での感情と同義ではない。

働く事は大事だけれど、私は「人との繋がり」を優先したい。
働くだけで過ぎていく日々は、私にとって何の価値もない。
この会社に居れば、永遠に休み無く働き続かされただろう。
タイムカードは改竄されてしまったが、
現場を離れる日まで、約六十日の連続勤務。
労規法を平気で破り、黙認する上層部に今でも恨みが積もる。
きっと、辞め時は「今」だったと思う様にしている。

意外な事もあった。
人事課と揉めに揉めて、退職した私。
周りに良い評判など有る訳が無いと思っていた。

去り際に、職場で幾つか言われた事。
「迅雷さんが居なくなったら、誰から仕事を教えて貰えば良いのか」
心配しないで下さい。
貴方は絶対に成長します。
私の残した引継の業務ノートを見なくても仕事が出来る様になろう。

「お世話になりましたと言わない。これからは友達だから」
いつも仲良くして下さった 他部署の先輩社員。
明るく振舞って、周りへの配慮を決して怠らない。
私が理想とする社会人の一人です。
この記事を書いている今日、先輩と温泉に行きます。
本当に感謝しています。

「今度 一緒に飯に行こう」
新入社員の頃から面倒を見てくれた、最も尊敬する先輩社員。
仕事の際における模範は、この人から学んだ事が全てであり
私には勿体無い位、全てにおいて最高な先輩でした。
本当に有難うございます。

辛い事だけが全てじゃないと信じています。
これから先を見据えて、次は安心して働ける場所へ。


-今日のMU-
以前合成に失敗したアークエンジェルボウ
念の為に装備を一式揃えていたが、育成する気が今一起こらない。

そんな矢先に、プラチナミュサーバーイベント。
b0184437_819532.jpg

Lv400まで育成して、イグニスサーバーに連れ戻しました。
アークエンジェルボウは強化が面倒なので、ソケット武器も用意。
だが育成する気が起こらない。

用意していた装備が一応装着できたので、次はウィザード育成を再開します。
[PR]

  by zinraisan | 2016-08-16 08:13 | 日常(MU) | Comments(0)

<< せーふぁうたき 君を大事にしたいから >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE