そして時が経ったなら

b0184437_21294113.jpg

九月の末、遂に念願の日が来た。
b0184437_23165316.jpg

※私が撮影しました。
待ちに待った、Ninja250の納車である。

リハビリの甲斐もあって、運転に支障が無いレベルまで回復。
痛い思い、辛い思いを繰り返しながらも、必ずや 九月の末、
単車を引き取ろうと決めていたのだ。

私の代わりに逝ってしまったNinja250R後継車である。

「後継車」だけあって、乗り心地、操作性等は、かなり酷似している。
若干「ここが違うなあ」と思う所もあるが、慣れの問題だろうか。

私が個人的に気になった、相違点を挙げるとするなら

第一に、「ガソリンタンク」の形状が違う事によって
ニーグリップに違和感を感じた事である。
また、セパレートハンドルを大きく切った際、
タンクが邪魔になるのが少し気になる。

第二に、「ウィンカースイッチ」が少し安っぽくなった気がする。
更には押した際、ふにゃりとした感覚で不安になる時がある。

第三に、「シートの質感」の違い。
Ninja250Rがメッシュ仕様だったのに対して、
レザー調の滑らかなシートに変わっていた。
ウィンカースイッチと同じく、安っぽくなった雰囲気がある。
個人的に、座り心地はNinja250Rに軍配がある。

これらを差し引いても、新型Ninja250は高性能である。
初速発進時や、ギアチェンジの際、250Rと比べると
相当 滑らかになっている。

「ヒートマネジメント技術」によって停車時の熱気を感じない。
少なくとも250Rよりはマシな程度で。

慣らし運転中で、魅力の一部しか味わえていないので
ゆっくりと時間をかけて楽しんでいこうと思う。



―今日のMU―
更新頻度も芳しくなく、記事も大した事書いてない、それが私のブログ。
それでも 投票して下さる 有り難い方々がいらっしゃる様です。
b0184437_21344721.jpg

今月のランキングは3位です。
表彰台を一度降りた後、またもや居座り続けようとしています。
順位が上がろうが、下がろうが、私の考えは変わらず「平常運転」。
気分次第で、これからも頑張れる時だけ頑張ります。



さて、
b0184437_2140622.jpg

イグニス鯖とアネモス鯖が合併して、元から少ない人が更に寄せ集まる
統合サーバーに成る物かと思っていたのですが、
アネモス サーバーと合併せずに新サーバー「レジェンド」が誕生しました。
一方、アネモス鯖に救済処置は一切無く
運営は、アネモス鯖プレイヤーを見捨てる暴挙に出た訳であります。
b0184437_21475599.jpg

ギルド【桜斎】のメンバー達に誘われて、アネモスに足を運んでみました。
「レジェンドサーバー誕生に何を思うのか」聞き込み調査の為でもあります。

そこで出会ったのが、アゲハさん。
b0184437_2149859.jpg

我々「桜斎軍団」が突然押しかけても、アネモス民の皆さんは歓迎してくれました。

一部の方々は「統合を望んでいる」のに対し、
一部の方々は「統合したら引退していた」等。
様々な意見が飛び交っていましたが、私は
やっぱり統合して欲しかった」という話が目立っていたと思います。

これもまた、個人的な意見でしかありませんが
アネモス誕生の際、「新しい環境で最初からのスタート」を謳っていた訳であります。

そんな新境地を合併しようモノなら、それこそ「言っていた事と違う」訳ですが、
実質「プレイヤーを数十名しか見た事がない」、「ゲンスチャットが全く流れない」等という
アネモス鯖の実情を考えれば、合併はすべき事だったと思えます。
人が居ない、もしくは少ない「大規模オンラインゲーム」とは何なのか。


そして、「レジェンド」と名付けられた新サーバーに対しても、私は幾つか言いたい事がある。
b0184437_227237.jpg

今ならゴールドサーバー無料開放。
b0184437_228265.jpg

1ログインIDにつき1回ずつ課金アイテムが無料。

いやいや、ちょっと待てよ。
b0184437_22114795.jpg

公式トップページの謳い文句だと誤解する人が出てくるのでは なかろうか。
まるで、「常に無料ですよと」言わんばかりだ。

赤色や、オレンジ色で文字を大きく誇張するあたり、実に嫌らしく出来ている。
「一度だけ」や「今なら」等の肝心な部分には目が届かない人だっているだろう。

全ての鯖がゴールドサーバーで埋まっている写真を使って、
まるで「常にゴールドサーバーで遊べますよ」という雰囲気を醸し出しているが、
そういう訳では無い、「期間限定」なのだ。

顧客を小馬鹿にしているとしか思えないが、
結論としては「何の代わり映えもない増設サーバー」でしか無い。

企業として営利を出す為に、顧客に商品を売る行為は当然だ。
ボランティアでやっている訳では無いのだ。

「一度だけ無料で商品を譲りましょう」というのも、顧客を集める良い手段だろう。
宣伝 広告費としてなら、安い物だ。
何せ、「データ」という形の無い商品、
それも既存のモノを無料で譲るのだから。

一人が複数IDを所有して、実質的に数十万円と課金アイテムを
タダで受け取ろうと、痛くも痒くも無いのだろう。

詰まる所、期間限定と言って「大量の課金アイテム」を無料で排出したり、
数百、数千、数万円とする課金アイテム(パンドラカード)が、
ゲーム内イベントにおいて無料で手に入ってしまうあたり、
我々プレイヤーは嬉しく思うと同時に、疑問に感じるべきでは無かろうか。
[PR]

  by zinraisan | 2013-10-03 21:30 | 日常(MU) | Comments(0)

<< 出逢いの中で そうした日々が過ぎるなら >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE