日のくれぬうち

b0184437_19524142.jpg


夕日の赤が染め上げる

懐かしい場所は

今では冷たいコンクリート


だけど そこには確かにあった

自分達の帰り道

暖かい土の地面が

自分の足跡が確かにあった

幼い自分は確かに存在したのだ


砂場で遊んだ

ブランコで遊んだ

すべり台で遊んだ

水鉄砲を買ってもらった

サッカーも、野球も遊んだ


それがどうだろう

黒く平らな地面に

携帯ゲーム機を

座り込んで遊んでいる子供達


これが時代の流れならば

私はこれを受け入れよう。


情報と技術が錯交する世の中では

彼らにも そんな時が必ず来るのだ。


―今日のMU―

バイト代が振り込まれたので一回だけパンドラをしてみると

貧乏だから余りは来月分の呪縛代

b0184437_311198.jpg


駄犬にとって必要性が感じられないので釜

b0184437_312933.jpg


DEFが異常に上昇しています。

+11の合成ですが、得に書かなくてもいいか と思いまして。

b0184437_3204266.jpg


この画像を毎度使いまわすのもアリなんですが。

過去の分をHTMLタグでURL指定することによって画像容量の節約になる



―オマケ―

b0184437_314866.jpg


知人がLv400になったようです。

おめでとう!


余談ですが、宝石が余ったら読者さんに

プレゼントするイベントを考えている駄犬。

レアチケ5の競売ちゃんと取引できるか不安なのですが
[PR]

  by zinraisan | 2009-10-30 20:47 | 日常(MU) | Comments(0)

<< 祈れば届く場合もある ひとときの夢 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE