駄犬だって子犬時代はあるんだよ

ギルチャで「昔に○○が流行ったよね!」とか話をしていて、

懐かしくなったので、文頭はこれで飾ろうと思います。


それはまだ迅雷斬が幼い記憶。小学生の低学年で、母親を「おかあ」と呼んでいた田舎者。

当時、ミニ四駆が流行っていた子犬(駄犬)は おかあ に連れられてオモチャ屋にいきました。

ミニ四駆は親指程のサイズで作られたモーター駆動で

電池を原動力として走る車のオモチャなのですよ。

ミニ四駆の本体を買うと、大体の場合初期のモーターが入っていたりするんですが、

これが遅いのなんの。

友達とレースをしても、このモーターでは100%勝てないんですよ。

懐かしくなって調べてみたのですが、初期セットに付属しているモーターは

モーターが回る回数を示す、適正負荷回転数が9900なのですが

値段が高価なモーターになるにつれて、最大21000まで上がるみたいです。

何という差なんだ。子供心には判らなかったが、今見てみるとこれは凄まじい差だ。

通りで勝てなかったんだなあ。

当時の子供心には「値段が安くて早いモーターがいい」としか考えてなかったので、

非公式の「アルティメットモーター」なるものを買った記憶があります。

※名前違うかもしれません

このモーター、ミニ四駆の売り場に少し離れて置いてあったのですが

なんせアルティメット(究極)のモーターです。

子供心を鷲掴みですよ。

買ってもらって、ミニ四駆に搭載してみると何だか興奮してくるんですよね

スイッチを入れてみると、

「キィーン!」

まるでジェット機でも積んでるんじゃないかと思うような爆音。

早速友達の家に行き、(友達はサーキットコースを持っていた)走らせてみました。

半端なく早いです。下手したら凶器にもなりそうなほど早い。

友達も不思議な顔をして子犬のミニ四駆を眺めています。

そりゃそうだろう、非公式のモーターだもの。

モーターの事を説明した後、「どれほど早いのかレースをしよう」という話になりました。

そりゃ子犬は大喜びですよ。こんなに早いなら ぶっちぎりで勝てると思ったからです。

友達が4人程コースのスタート地点に自分の車を置いて

「さんーにぃーいちっ!」の掛け声でスタートします。

そうしてレースが始まった。

「キィーン!」

早い!早すぎるぞ!さすがアルティメットだ!

自分の車はあっという間に、友達の車を周回遅れにしました。

しかし、これが落とし穴です。

ミニ四駆のサーキットコースの大半には、インコースとアウトコースを走る車に

走行距離の差をつけないように、インからアウトへ、アウトからインへ入り込む

X字のラインがあるのです。(わかる人にはわかると思う)





ガッ!

自分の車は、高速で友達の車に衝突し吹っ飛びました

が、車は見事着地

キィーン!

「あ、そっちはリビングや!」

友達の家は広いです。リビングで車を走らせたら結構な距離があるんじゃないでしょうか。

ジェット機の如く高速で走り続けるミニ四駆を捕獲する事に失敗し

壁に激突しました。※後で折り菓子持って謝りにいったのは言うまでもない


それはもうミニ四駆ではなくなっていた。

ミニ四駆に心があるなら、きっと思っていただろう。

「こんな持ち主に使われたくなかった」って。

ごめんよ、持ち主を許してくれ。次から使うミニ四駆は大事に使い続けるよ と心に誓い

その事件以降は公式のモーターを使うようになった子犬の記憶。






皆さん如何お過ごしですか。

入りだしが長すぎました。ごめんなさい

懐かしい記憶というものは、つい語りたくなるものです。


-今日のMU-

b0184437_3363884.jpg


ミニCC4大会です。ミニ四駆とかけてるんじゃないよ


駄犬は爆死しました




その後は撮影会・・・

b0184437_341891.jpg


ギルメンや知り合いでの集合写真ですが、非常に楽しかったです。


またやりたいですね!





今日の一言(オマケ)

借金返済しました。

まだ強化が終わっていないので以前より弱体化しましたが頑張っていきます
[PR]

  by zinraisan | 2009-05-30 01:54 | 日常(MU) | Comments(2)

Commented by 2 at 2009-05-30 15:53 x
俺の時は
ハイパーダッシュモーター
スーパーダッシュモーター
ゴールデンモーター
ハイパーミニモーター
こんな感じやったな
Commented by zinraisan at 2009-05-31 00:12
コメント有難うございます。
ミニ四駆は一見単純ですが、
その実相当奥が深いオモチャですね。

今後とも、更新を行いますので
是非当ブログを御覧になっていただけると幸いです。

<< Komachiは何度でも甦る 駄犬は自分の足で走らない >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE